飯盒でパンを焼く(4回目)

雨の降る日が続いております。雨に濡れたテントを片付けることにストレスを感じてしまう私です。キャンプに出かけるのはまた後日にして、お庭キャンプのつもりで、七輪+飯盒でパンを焼きました。

飯盒の中蓋を飯盒の中に入れ、この中蓋の上にパンの生地を乗せてやきました。クッキングシートをセットするのは若干の手間です。中に網をおいて、四角く切ったクッキングシートを乗せる方法もあるのですが、丁度いい網がなかったので、今回は中蓋で対応しました。

生地の重さは1つ65gにし、丸めて2つ乗せました。暖かいので、室温で放置して二次発酵を行います。中蓋いっぱいに膨らんだら焼きます。

焚き火ですと、火加減が難しいですね。未だに炎の強さを調整するのは難しいです。最初の14〜15分は炎が飯盒に届くぐらいにしておき、そのうち火が弱くなってきますので、そのまま5分程放置しました。これで焦げる事はありませんでした。

焼き上がったパンはしっかり膨らんでいました。写真は取り忘れています。食べた感想はというと、もちろん美味しかったですよ。しっかり焼けています。

中蓋を使えば、下の方にスモークチップをいれて燻製もできそうです。次はチーズの燻製でも作ってみようと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。