一泊二日のキャンプに何を持っていくのか?

久々の日記です。

次のキャンプはテント泊をする予定です。友人の車に載せてもらって一緒に行くことになりそうです。とはいえ、何でもかんでも持っていくは考えものです。スーパーカブでのキャンプツーリングも想定した荷物で行ってみようと思います。

(キャンプツーリングは2007年から2012年までやってましたが、難病のため、その後は行くことができなくなっていました。もう、ツーリングは無理かなってその当時は思っていましたね。)

まだ日時は決まっていませんが、すでにワクワクしてます。自分のためにもここに持ち物リストを上げておこうかと思います。

  1. 財布 (現金、免許証、健康保険証、クレカ)
  2. ハンカチとティッシュ
  3. マスク
  4. 消毒用アルコール
  5. スマートフォン
  6. テント(ソロベース)
  7. コット(DODのバッグインベッド)
  8. EVAフォームマット
  9. 寝袋(夏用)
  10. 歯ブラシ、フロス
  11. マグカップ
  12. LEDヘッドライト、予備のLEDライト
  13. 折りたたみの傘
  14. 着替え(下着)
  15. バックパック

1〜15があればなんとかなる。食べ物と水は現地で買う。

  1. コーヒー豆
  2. コーヒーミル
  3. ドリッパー
  4. フィルター
  5. アルコールストーブ(Vargo T-305)
  6. 燃料用アルコール
  7. ライターまたはマッチ
  8. 小型のテーブル(SOTOのフィールドホッパーST-630)
  9. 風防(EPIgas ウインドシールドロング)
  10. ケトル

朝、コーヒーを飲むためのグッズ。ドリップバッグのコーヒーも十分美味しい。しかし、おそらく、時間を持て余すので、ゆっくりコーヒータイムを楽しみたいと思います。

アルコールストーブは夕食を作るときにも使えるので、温かい料理も追加。

  1. 飯盒
  2. マルチツール(レザーマンのウイングマン)
  3. まな板
  4. たわし
  5. ステンレスの箸
  6. 豆の缶詰又はサバの缶詰

薪も現地で手に入るので、焚き火もやろうか。

  1. トライポッド(DOD ライダーズファイアクレードル)
  2. 難燃シート(LOGOS焚き火台シート)
  3. ナタ(手斧)
  4. 虫除け(蚊取り線香又はどこでもベープ)
  5. 寝間着(トレーニングパンツ、Tシャツ)
  6. タオル
  7. アルミホイル
  8. 固形燃料(Esbit スタンダード)
  9. 着火剤(ダイソー ゲルタイプ)
  10. ゴミ袋

こんだけあれば大丈夫。焚き火は友人の火を借りてもいいし。ソロの時の荷物の量を見ておくためにも一応準備はしておこうかな。

途中で野菜と果物を買い足せばOK。

広げた状態
パッキング完了

今回持っていかないものは、昔から使っている銀マット、ステンレスのクッカーセット、ニチネンの固形燃料、包丁、ホットサンドメーカー、合羽、防水の帽子、保温性の異なる寝袋2種。

これらの道具に下着の着替えとビジネススーツ、革靴、Yシャツ、ネクタイ、合羽、防水の靴とMacBook Airとスマホ、鍼灸道具と書籍、書類を持っていけば、引っ越しもできそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。