第四級アマチュア無線技士 養成課程 修了試験を受けてきました

誠文堂新光社の初級アマチュア無線予想問題集も使いながら、キューシーキュー企画の第四級アマチュア無線技士養成課程eラーニングを利用して勉強しました。

このeラーニングはネットを利用し、自宅で動画を見ながら勉強するシステムになっています。自分のペースで勉強をすすめていけるのでとても良かったと思っています。そして、試験会場もわりと家の近くという点も良かったところになります。

講習及び試験を受けに行く会場が遠いのは面倒だな〜って思っていまして、はじめは費用の抑えられる国家試験を受けるつもりでいました。しかし、次の国家試験は家から近いところで受けようとすると、3月になってしまいます。それまでにモチベーションが続かなくなりそうな気がして、養成課程講習会に切り替えました。それで調べてみるとeラーニングというのがあったので、これが便利そうだと思い申し込みしました。

動画を見て勉強するのですが、正直、途中で眠くなって、ねているところもあります。どのみち一度はすべて再生しておかないと次へ進めないシステムになっていますので、とりあえず動画を流しておいて、後で見逃した部分を見直すというやり方で進めていました。

さて、先日、修了試験を受けに行ったのですが、試験はとても簡単で、eラーニング内にある練習問題をやっておくだけで合格できる内容でした。結果は合格、一ヶ月ほどすれば、免許証が家に送られて来るらしいです。「初級アマチュア無線予想問題集」も一通り解いて見ました。出題頻度が低い問題はどうやらやらなくても国家試験には合格できるみたいですが、こちらの問題集を解いてみた感じとしては、養成課程の練習問題および修了試験と比べて難しく感じました。

とりあえず小難しい話はおいといて、無線従事者の免許が欲しい人には養成課程講習会がおすすめです。手続きも簡単ですし。

あとは、必要に応じて無線機を購入し、無線局の免許申請をするとしましょうか。開局申請も今や、インターネットで出来る時代なんですね。色々と便利になったものです。

5GHz帯の電波も利用できるのでドローン遊びも検討してみようかな。

ちょっとネットで調べてみると最近広がりつつある5Gとドローンの関連商品も開発されつつあるらしいですね。アマチュア無線関連の免許が無くても高精度な通信がドローンと出来るようになれば、高性能なドローンがもっと普及しそうですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中