そしてアルコールストーブも買った

トランギア、エスビット、エバニュー、バーゴから選ぶ事にしました。チタン製という所に惹かれて、エバニューかバーゴか。変わったデザインだったので最終的にバーゴのアルコールストーブを買いました。トランギアとエスビットがバーナーという表現で、エバニューとバーゴはストーブと表現していますね。ストーブだと暖を取るアイテムのような印象も受けます。

学生時代はホワイトガソリンのバーナーストーブを使っていました。社会人になり、キャンプツーリングに行くようになって、CB缶のバーナーを使っていました。そして、今回は新しくアルコールストーブを使ってみることにしました。OD缶のガスバーナー、レギュラーガソリンが使えるバーナーも検討しましたが、しばらくは今まで使っていなかった物を使ってみようという事にしました。

火力はガスやホワイトガソリンに及びません、火力調整も私のではできません。しかし、軽量コンパクトです。一応、野菜炒めは作れました。

やっぱり弱火よりなので、炊飯や煮物系に向いているかもしれません。連続で20分は燃焼していると公式では表記されていました。5〜6分で珈琲を飲む程度のお湯も沸きますので、キャンプの朝なんかには良いかもしれません。

アルコールは燃料として考えるとコストパフォーマンスは悪いらしいです。が、価格の安い灯油を使うかというと、使わないだろうな。ススが多いんですよね。家庭用の石油ストーブはよく作られています。レギュラーガソリンも、ガスに比べると安いほうです。ランタンやバーナー、ストーブなど、燃料は一つにまとめると色々と効率的なのですが、それはまた後ほど考えましょうか。

スキレットなどよりも、アルミやステンレスの軽量コンパクトなフライパンと相性が良さそうです。エスビットのクックセット、トランギアのストームクッカーも考えたのですが、おそらくダイソーメスティンとケトルとのセットで使うだろうなぁという結論になりました。

家で使ってみた感じでは、わりと立ち上る青い炎が好きかもしれません。ガスのゴーーーって感じでは無いなんとなく柔らかい炎。他メーカーの物も追加購入ありかなと思っています。また、自作で作ってみるのも面白いかもしれません。

ドリップバッグコーヒーとケトル、アルコール50ml、アルコールストーブ、スノーピークのマグカップ、500mlペットボトルの水のセットならあまり嵩張らないので、普段のツーリングにも持っていけそうですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。