DoDのライダーズファイアクレードルを買った

 これで、焚き火が解禁となりました。ただ火遊びがしたかっただけです。料理を作るなら、やはりガスバーナーが便利です。でも、炭火で肉とか焼きたいんですよね。炭焼き系の方は友人の道具を使うとして、こちらの吊り下げ方式の方ではダッチオーブン、鍋、飯盒をぶら下げて料理を作ってみようと思います。薪が炭になってきた頃にグリルの方に移せばいいかな。  

 耐熱メッシュは同じところで曲げていると、金属疲労で切れてしまいそうな気がしました。仕舞うときに注意ですね。組み立てた感じでは、軽いがわりとしっかりしています。ただ、横方向に引きずるとカメラの三脚とは違って、足が開いたりします。そこまで頑丈ではないので、上の部分を持って持ち上げる必要はあります。薪のサイズは30cmがよさそうですね。使う薪の大きさは実際に使った時に考えたいと思います。 

<昔の思い出ばなし>

 大学生の時は、河原の無料キャンプ場で少し掘って、石をつんで、直火で焚き火をやっていました。炭や灰、詰んだ石の後処理の事は先輩から教わりました。そもそも後始末をするのは当然の事だと思っていましたが、そうでは無い人もやっぱりいますよね。時々、焚き火の後がしっかりと残されておりました。今では直火禁止が一般的になっているようですね。それがいいと思います。  

 昔からツーリング中にキャンプはやっていましたが、出来る限り少ない荷物で行くようにしていました。テント、寝袋、銀マットの3点セットと飲み物(というかいつも水だった)、懐中電灯、着替え、タオル、歯ブラシ、コップがあれば、まあ、何とかなるもんです。あと、お金ですね。お金があって店が開いていれば、食料も買えます。風呂はスーパー銭湯的なものか、日帰り湯が可能な温泉を利用していました。こうゆう所だとシャンプーが置いていたり、バスタオルなども借りれたりしますから。  

 さて、いつだったか、ツーリング仲間のSさんの影響を受けてミニバーナーを購入したのは。バーナーと一緒にコッフェルも買いましたね。そして、お湯を沸かして、カップラーメンを夕食に食べました。普段はカップラーメンは食べませんし、キャンプではレトルトカレーとご飯という組み合わせが定番でした。そして、このカップラーメンが、うまいんだわ。久々に食べたというのもあると思いますが。きっと、家で食っても美味いんだろうけど(笑)。しかし、家で食べるのは半生タイプか生麺タイプのラーメンというこだわり。

 また別の時に、椅子を追加しました。それまでは、テントの中で座っていたか、ちょっと大きめの石に座っていたか、キャンプ場に備え付けの椅子を利用していました。    

 次に、買おうとしていたのは、小さなテーブルです。しかし、買うことは有りませんでした。コットも買おうとしていましたが、やはり、買うことは有りませんでした。その前に、クローン病になったからですね。  

<2020年、ツーリング仲間が出来ました> 

 再びキャンプツーリングに行けるまで回復してきました。経済的な面も余裕が出てきました。体の状態が良くなってきたというのもありますが、一番影響力があるのは、中学校時代の友人と再会したことですね。一緒にツーリングに行ける仲間で出来たので、気持ち的に行動しやすくなったのだと思います。

 次は、文化の日にデイキャンプです。楽しみですね。それまでに、米がちゃんと炊けるか練習しておきたいと思います、水の量の確認、火加減の調整、炊きあがりのタイミグ、あと何かあったかな?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。