Mac Book Air に買い替えてよかったところ

15年以上windowsユーザーだった私が、今年始めてMacを買いました。

            参考なまでに:「結局、MacBook Air (core i3)を買った。

私が買ったモデルのCPU、メモリ、ストレージは以下になります。

  • プロセッサ: 1.1GHzデュアルコアIntel Core i3 (Turbo Boost使用時最大3.8GHz)
  • メモリ:   8GB
  • ストレージ: 256GB
  • 価格:    10,4800円(税別)

・よかったところ:その1 ”持ち運べる”

 当たり前の事なんですが、ノート型PCですので、持ち運びが便利です。長年私が使っていたのがデスクトップPCだった事も関係している所だと思います。MacBook Air のサイズも重さも、さほど負担になりませんでした。これが意外と重要なのかもしれません。今までは、SkypeやDiscordを使って通話しながら作業すれば、直接合う必要もありませんし、PCを使う作業は家で完結していたと思います。職場でもノートPCを持ち運ぶのは出張のときと、会議のプレゼンの時ぐらいでしたからノートPCを持ち運んで事務所以外で作業するなんてことはほぼ無かったのです。

 鍼灸院に行ったついでに、このMac Book Airを持っていくと、頼まれ事の進捗報告や、文章の訂正、アプリの使い方の指導などで活躍してくれます。

・その2 机の上がスッキリ片付いた

なんだろか、Mac Book のオシャレなデザインが気に入ってしまって、余計なものは机の上から排除しました。というか、排除したくなりました。デスクトップからノートPCへ変更しようと思ったのも配線も含めて見た目をスッキリさせたかったからです。望みは叶いました。

・その3 他のApple製品も気になりだした。

これは、よかったのか、どうなのか、でも、何か楽しい。ちょっとアクティブに行動したくなります。予算の都合はありますので、そうポンポンと買うわけにもいかないんですけどね。”持ち運べる”に含まれるのですが、家以外でも使う気になりました。当初はiPad Proとも迷いましたが、今の使い方はオフィス系ソフトの使用がメインですので、これでよかった思っています。Apple Pencilが使いたくなった時は、iPad追加購入ですね。

悪い点も一応上げておきますと、プリンターが使えなくなった事です。古いプリンターなので、ドライバーが未対応でした。LinuxのUbuntuをUSBに入れて、USB経由のUbuntuでプリントアウトという方法もあります。WindowsのデスクトップPCは同居の弟にあげたので、まだ使える状態ではありますので、しばらくは、弟の部屋に行ってプリンターを使う事になりそうです。しかし、思えば、最近は、あまりプリンターも使わなくなっていました。ですので、プリンターが使えなくなった場合でも、コンビニでプリントアウトしてもいいかもしれません。

今の所、買って満足しています。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。